内職はじめに

内職を始めたい方には、「小さい子供がいて外でのお仕事ができない」「あと少し収入がほしい」などの悩みがある、主婦やOL、サラリーマンの方々が多く見られます。

内職と言っても、昔ながらのビーズ制作やシール張りなどの家内労働系と、パソコンとインターネットを利用した在宅ワーク系があります。近年では、パソコンを利用したネット内職が増えて来ました。

内職って儲かるの?

内職依頼(求人募集)する会社や委託先は、雇用してまでの人件費と合わないし、少しでも原価を抑えて商品を完成させたい場合に内職の仕事が発生してくると思います。

内職単価は、数銭から数円の世界です。時間を浪費して収入を上げる場合、個人のスキル、スピードで増加します。しかし、多くの収入は見込めないと思って取り組んだ方が良いのではないでしょうか。

労力と収入が合わない話は、昔からあります。その現状から現在の内職は、ネット経由した内職や在宅ワークにシフトアップしています。収入の方も比較的多く見込まれます。

内職の種類

昔ながらの内職と現在の内職で多様化してきてます。「ビーズ」「組立」「裁縫」「袋詰」「宛名書き」などの手作業内職から、パソコンを利用した「データ入力」「添削業務」「モニター」「ライター」「アフィリエイト」「ポイントサイト」などのネット内職系に分類されます。

皆さんの希望の内職の多くは手作業内職を望んでいますが、高度成長でのオートメーション化で需要が少なくなってきています。

ここ数年で人気があるのがネット内職です。パソコンとネットの環境さえあれば、無料で始められるのも人気の一つです。また、会社勤務時の給与を超える収入が見込め、独立開業の夢が持てるなどの可能性があります。

手作業内職を始めるか、ネット内職(在宅ワーク)を始めるのかはあなた次第です。まずは、様々な内職を試されて決めるのも良いと思います。

どちらも、空いた時間にお仕事ができますので、ご自身のライフスタイルに合わせた内職をお探し下さい。

内職求人の探し方

内職の求人募集を探す方法は限られてきます。内職を依頼する業者さんが、昔に比べてたら少なくなってるからです。それでも、内職の需要はまだまだ存在しますので、頑張って探しましょう。

内職求人の探し方は、安心して利用できるのは地方自治体(役所等)での情報が一番です。ですが、各団体も情報の提供はしますが責任はとってくれません。あくまでも個人と業者間でのやり取りになります。

次は、求人誌や新聞などの広告を探して見て下さい。内職の需要が多い地域では、掲載されてる場合があります。

そして、友人や知人などに聞いてみるのも方法です。後は、直接業者に聞いてみるか、事務所前に貼られてる求人募集チラシで探すこともできます。在宅ワーカーさんの集まるサイトに登録してから、内職案件に参加することもできます。

「私には探すのムリ」っと思った方は、アンケートやポイントサイト、ブログライターなどのネット内職が良いかもしれませんね。

※内職の求人を探す際、公共の斡旋所に登録されてる業者でも、ネットの在宅ワーク系のサイトでも、内職商法を行ってる業者がいますので注意が必要です。内職や在宅ワークの紹介といって、料金を取るところは要注意です。最初でお金を出す内職の仕事はありません。
内職や在宅ワークを求人サイトで探す
最近は、アルバイ求人サイト系等でも内職や在宅ワークなど、お家で仕事関係の求人募集が掲載されるようになりました。実際に「特集ページ」「キーワード検索」などを利用して、求人情報をピックアップしました。各求人サイトで掲載求人の特徴があり、他では扱ってな...
スポンサードリンク


 - 内職手作業